スズメバチの巣の駆除

2017.09.08

こんにちは、Departure代表の堂守です。

本日はスズメバチの巣の駆除について投稿します。

スズメバチは女王バチのみが越冬し、次の春に営巣します。時期は4月あたりから10月位までです。

始めは当然ながら女王バチ1匹からですが、10月になると数百匹のハチがいます。

発見が遅れれば、遅れるほど危険度が増すのです。年に数回ですが、死亡事故もありますね。

ハチの毒ではなくアナキラフィシーショックというアレルギー反応で死亡事故につながります。

スズメバチの巣は見える場所だけとはかぎりません。先日お見積りに行ったお客様の場合は

アパートの床下の換気口の中に巣を作られていました。場合によっては外壁の隙間から壁に入り、壁の中という

パターンもあります。巣が見えないから大丈夫だろうではなく、自分の家の近辺にスズメバチが多いと思ったら

気を付けてください。私の過去のお客様の中には、植木屋さんが作業中に刺されたり、お隣りの子供が刺された

というケースもあります。巣を見つけた場合は速やかに業者に依頼した方が賢明です。

ハチが近づいてきたので、素早くかわす、手で払う、といった行動ですらハチを刺激する場合があり、

攻撃されることもあります。ハチが近づいてきても無視してください。(無理だとはおもいますがw)

便利屋Departureはスピーディーに対応します。発見したらすぐにお電話ください。

 

便利屋Departure フリーダイヤル 0120-910-315