遺品整理・生前整理

Organizing relic/Organization before your life
札幌遺品整理

昨今の高齢化社会の中で、札幌でも遺品整理や生前整理の需要が益々高まってきています。
その中でも現在問い合わせが多いのは生前整理でしょうか。
ご親族の施設入居に伴うお片付け、子供が独立し小さな部屋へ引っ越しをし、それに伴うお片付け。
片付けの理由は様々ですが現在はご存命のうちのお片付けが多いです。
また遺品整理に関しては、借家の場合は時間が取れず片付けが進まない間に何カ月も家賃を払うくらいならという、決断が比較的容易な方が多いようですが、持ち家の場合は期限がないので踏ん切りがつかない方も多いようです。
過去の依頼者の中には休日のたびに奥様お一人でお片付けを3年間続けて、病気になった方もいらっしゃいました。
当社では故人、依頼者の思いを最大限にくみ取り、作業させて頂きたいと思っております。
リフォームや消臭、ハウスクリーニングもご相談にのります。
また決して料金は安いものではありませんので、個人事業主として便利屋をやっている方が多い中、当社はお客様の信用を得るため、あえて法人化を選びました。
少しでもお客様の不安が取り除ければ幸いです。

ゴミ屋敷(汚部屋)

Garbage house
遺品整理札幌

近年はテレビ番組でも頻繁に放送がされていますね。ゴミ屋敷の片付け。
ある調査によるとゴミ屋敷化するのは看護師の方が圧倒的に多いようです、私の経験では昼夜掛け持ちで働いている女性が多いのですが。
勤務時間が一定ではなかったり、忙しい人のほうが多いようです。
ゴミ屋敷になってしまう原因は人それぞれではあるのでしょうが、人に見られるのを恥ずかしがり依頼しづらいというお客様が多いです。
私的意見ですが、見られるのが恥ずかしいという段階まで来ているのであれば後は酷くなる一方です。
そうなるとより依頼しづらくなり、料金も上がるだけです。
また大事なものを探すとなると、作業もより困難になります。
なぜゴミ屋敷の片付けが必要なのかというとまず健康被害です、カビや菌、虫等がたくさんいる部屋での生活が健康に良い訳がありません。
そして臭いは近隣住民の方へも迷惑をかけます。
住んでいる本人は慣れてしまって気にならないかもしれませんが、近隣の方は非常に不快なものです。
また、最も恐ろしいのは火事です。
火事の一番の原因は放火のようですが、ゴミ屋敷の場合は燃えるものがたくさんあるので火が広がりやすいですし、コンセントにホコリが溜まっていて、そこから発火というパターンもあります。
そしてこれは私の経験上なのですが、こういう部屋に住んでいる方はなぜか喫煙者が多いです。タバコの消し忘れも怖いですね。
火事になった場合は命も落としかねないですし、近隣の方まで危険にさらすことになってしまいます。
保険に入っていない場合、お客様が原因で火事ということになると損害賠償を請求される可能性もあるのです。
そんなことになる前に一度相談だけでもしてみませんか。見積りは無料で行いますのでご連絡ください。
当社スタッフは見慣れていますので、恥ずかしいと思うぐらいになったらそれ以上酷くなる前に。
我々からするとお電話で「恥ずかしいんですが、ゴミ屋敷なんです。」と言われて見積りに行っても、「なんだこの程度か」がほとんどです。
まずはお電話でご相談ください。

札幌市 便利屋 遺品整理 屋根の雪降ろし 雪庇落とし 除雪