マナー清掃 キッチン編

2019.03.31

間が飽きましたが今回はキッチンのお掃除です。キッチンの汚れは風呂やトイレと違い油汚れかコゲが多いので時間はかかるのですが、洗剤は基本はアルカリのみで十分です。

キッチンは範囲が広いので初めに全体に洗剤を必要はありません。せっかく浮かせた汚れが乾いてしまっては意味が無いので作業の順番にかけていきます。清掃の基本は上から順にです。特にキッチンは洗剤をかけて浮いた油汚れが洗剤と一緒に下に垂れてくるのでなおさらですね。

また、油汚れにはスチームクリーナーも良く効きます!冷えて固まった油を高温で再度溶かして液体に戻してしまいます。

後コゲは厳密にいうと汚れではないので、傷がつかない程度に硬めのスポンジで擦って削り取ります。後は根気よく時間をかければキッチンは見違えるように綺麗になります!

錆びに関してはマナー清掃では落とす必要はないでしょう。キッチン周りは基本ステンレスで作られているので、マメに水分を拭き取れば傷でもないかぎり錆びは着かないんですけどね。

どうしても自宅のキッチンの錆びを取りたい方は研磨する前に還元系の漂白剤を試してみてください。研磨というのは削ることになるので、細かい目のものでやらないかぎり傷がついてしまいます。目の細かいものだと中々削れません。還元系の漂白剤というのは、物質から酸素を取ろうとする働きをするので錆び(酸化鉄)には有効です。キッチンペーパーにでも浸してラップをかけて浸け置いてみてください。

これだけ綺麗になれば達成感があって気持ち良いですよね!最後は仕上げに配管洗浄剤を投入して終了です。依頼者様が今後も住むわけではない退去のマナー清掃では不要なのですが、これをやらないとキッチンを仕上げた気持ちになれないものですから。

掃除の仕方を覚えたいという方はお客様と一緒に掃除をすることも可能ですのでお問い合わせください。お電話お待ちしております。

 

お片付けやお部屋丸ごとの処分代行は当社へお問い合わせください!
お客様に安心と安全なサービスを提供する
便利屋Departure
フリーダイヤル 0120-910-315