鳩の営巣

2019.04.02

今日は団地の一部屋丸ごとのお片付けの時に気づいた変わった出来事です。

団地の4階のお部屋のお片付けをしていました。宅内の仕分け、梱包があらかた終わり、搬出を始めていた時に別のスタッフがベランダを片付けている時です。

「ピヨピヨ ピヨピヨ」

なんか音がするんですよねぇと言っていたと思ったら、荷物の中に親鳩が!

親鳩はビックリして逃げていきましたが、どこに巣と雛がいるかわかりますか?

これです。私たちも片付けの依頼を受けているので、家財は処分しなければなりませんので、かわいそうですが巣と雛以外は撤去させていただきました。

巣と雛、親鳩については依頼があっても殺処分は出来ません。鳥獣保護法という法令があるので、行政へ届け出をしないと撤去も出来ないんです。これは卵であっても一緒です。雛に孵っていたらもう巣の撤去は届け出が必要になってしまいます。申請してから許可が出るまで手出しが出来なくなってしまうので、鳩が卵を産む前に気づくことが大事になってきます。鳩が常駐するようになると糞害で健康に良くありません。見た目もですが・・・

鳩は天敵(猫やカラス)から見つかりにくい所に営巣するので、マンションやアパートの上階のベランダは鳩の営巣にとってターゲットとなりやすいのです。ベランダが自分の家にある方は物影を作らないように荷物を置くか、巣作りをしている途中で気づけるよう頻繁にベランダへの出入りをするようにして下さい。先程も書きましたが卵を産まれたら手遅れです。

業者に頼むか、雛が巣立つのを待ってから巣の撤去かご自分で申請に行くかです。申請も鳩の種類等を記載する箇所もあるので難しいと思いますが。

また、鳩は同じところにまた巣を作りやすいので、巣が出来ないよう対策も考えなければなりません。一度巣を作られて卵を産まれたらとにかく面倒臭いということ!

今夏に関してはお客様に鳥獣保護法の説明をして、手出しが出来ないと納得して頂きました。お客様自身は退去なので害もないですからね。近所まで責任は持てませんが(汗)

それ以外のお荷物はいつもの通り、札幌市環境事業公社へ依頼し処分です。

鳥獣保護法もそうですが、ゴミの処分に関する法令も知っているのかいないのか、違法な方法で作業をする業者はもの凄く多いので、悪徳業者に引っかからない様気をつけて下さい。

今回は片付けに特化している業者とはいえ、便利屋としての知識を見せることが出来て少し満足しています。便利屋業務も他社の素人よりは全然上手に出来ますよ!

ハチの巣、カラスの巣、鳩の巣の駆除からお片付け、遺品整理まで何でもご相談ください。お問い合わせお待ちしております。

 

お片付けやお部屋丸ごとの処分代行は当社へお問い合わせください!
お客様に安心と安全なサービスを提供する
便利屋Departure
フリーダイヤル 0120-910-315