札幌市中央区でお片付け

2019.04.05

こんにちはDepartureの堂守です。

本日は他社さんのお手伝いです。札幌市中央区で遺品整理を行ってきました。

 

同業他社から呼ばれるというのは嬉しいものですね。作業内容や態度によっては自社の評判を落としかねないですからね。

私も人手が足りず、他社を頼るときは作業内容によって人を選んで呼びますもんね。

本日の作業はお荷物のまとめから搬出までです。処分は元請さんが予約してある一般廃棄物収集運搬業者です。

これが

こんな感じになって終了です。

 

 

3名で3時間位ですかね。今回は1階で荷物の搬出先も窓からすぐの所だったので早かったです。

最近は自社での整理のご依頼も増えてきて嬉しい限りです。

 

作業内容、料金、作業スピード等選ぶ業者によって様々です。選ぶのはお客様ご自身になりますが、くれぐれも悪徳業者に引っかからない様気を付けてくださいね。

 

そこで今回は遺品整理や生前整理を頼むときの業者選定の注意事項を1つだけ書こうと思います。

もう当たり前になってきているのが海外輸出というキーワードです。

片付けの業界では自社で海外輸出を行っていなくても、他社さんと連携して輸出を行うのは当たり前になってきています。

「当社は自社で海外輸出を行っているので安く出来ます!」

これ非常に危ないです。自社だろうと他社だろうと海外で欲しいものは変わらないんです。

自社で海外輸出をしているからと本当に安い場合は何から何まで海外輸出されてしまう可能性があります。

個人情報が入っているかどうかも、ろくに確認もせずに海外へ出てしまえばわからないだろうと送られてしまう可能性があります。

自社で海外輸出を行っているとゴミ代を減らしたいからと出来るだけ海外輸出をする。(遺影が入ったまま額縁として輸出する業者もいました。)

 

他社に引き取ってもらう場合

他社さんはゴミ代が関係ないので欲しいもの以外は引き取らない。

 

環境の為には出来るだけ処分しない方が良いのでしょうが、日本のゴミを海外へ送っているだけで、地球規模で考えるとゴミは減っていないんです。海外でゴミになっているだけなんです。

一部の国では日本から商品と偽ってゴミが送られてくると問題になっているようですよ。

自社で輸出を行っているから安く出来るというのは無理があるということです。

それでもただ安さを求めるのであれば止めはしません。あくまでも参考にしてくださいということです。

業者によってはお客様へ何も告げずに、ごみ処分代を頂いたうえで勝手に海外へ送ってしまう業者もいるので気をつけて下さい。

当社では見積り時にこういう品物は海外輸出しても良いか?ということを確認し説明させて頂いております。

その他不安なことはなんでもお尋ねください。

 

お客様に安心と安全なサービスを提供する
便利屋Departure
フリーダイヤル 0120-910-315