安く適正処分をするためには

2019.04.06

今回は業者に片付けや処分を依頼する方に対しての豆知識というかお願いになります。

今までに何度も書いていますがゴミの処分は各市町村の般廃棄物収集運搬許可業者以外は処分場へ持ち込めません。(自己搬入は出来ます、あくまで業者の場合です。)

札幌での許可を持っていても他の市町村ではダメなんです。逆も然りです、小樽や江別で許可を持っていても札幌のゴミは運搬出来ません。また、札幌のゴミを小樽や江別の処分場へ持ち込むこともNGです。

ゴミの処分の法令に関しては年々厳しくなってきております。特に北海道では不用品回収業者の不法投棄、違法な回収でここ数年で何社か逮捕されています。

正しい方法で処分をするには各市町村の一般廃棄物収集運搬許可業者に依頼するしかありません。

どの市町村でも共通で受け入れをしていないゴミがあります。

  • リサイクル家電4品目(テレビ、洗濯機、冷蔵庫、エアコン)
  • 耐火金庫
  • 消火器
  • パソコン
  • 廃油
  • 注射針(医療廃棄物)

上記以外にもありますが、比較的多いのはこれくらいでしょうか。業者に依頼する際にこれらの品物があるとわかっている場合は事前に教えてください。後で追加料金が発生する恐れがあります。

ちなみに札幌市のパンフレットです。

これに書いてある通りなんですが、ガス缶やライター等の発火物や電池は個別に仕分けをしなければ回収してもらえません。

よく見積り時に言われるのが、

「袋詰めはしてあるから、処分だけお願いしたいので安くしてくれ。」

これ無理です。上で説明した通り、危険物や回収出来ないものが混入されていないかを全て確認しなければ収集運搬業者に引き渡し出来ません。

当社で依頼した回収物が原因で火災が発生したり、事故が起きてはマズいのでお客様が袋詰め、仕分け梱包をされても、袋を開けて仕分けをし直します。

もっと言うと、袋詰めされている物は逆に手間がかかります。そして、ほとんどの片付け業者が利用している輸出業者や古紙回収業者に出せるものもゴミになってしまうのでお安くするのが難しいです。

当社へ片付けの相談があった場合は必ず

「何も手を付けない状態で一度見せてください。」

とお願いしております。

処分代がかからないもの、買取できるものがゴミになってしまう可能性が高いのと、先程も書いたとおりお客様が梱包してもやり直し作業が発生するので二度手間になってしまうからです。

お客様が梱包したものは、お客様自身でゴミの日に出してください。そうしないと減額対象にはなりません。

見積り時にはどうしたら安く出来るかは状況に応じてご提案いたします。

処分方法がわからないものもご相談にのります、お問い合わせください。信頼できる業者と正しい処分をしましょう!

 

お片付けやお部屋丸ごとの処分代行は当社へお問い合わせください!
お客様に安心と安全なサービスを提供する
便利屋Departure
フリーダイヤル 0120-910-315