残地物処分も代行します

2019.04.19

残置物処分

本日はいつもお世話になっている『札幌便利屋NewGate』さんに呼んでもらい手稲区で作業してきました。

家屋の解体の為の退去の片付けです。通称で『残置物』(ざんちぶつ)と呼ばれる引越しに持って行かなかった家具や不用品そのままの状態です。

少しでも安く済ませるためには

今回はお客様の予算もあり、札幌市指定のゴミ袋に詰める作業と大型ごみの搬出のお手伝いのみで処分の代行は無しです。

粗大ゴミに出した方が安いのがわかっていても、大型の食器棚や、タンス、ソファーなんかは重くて大きいので搬出は大変ですよね。そんな時こそ便利屋さんに依頼してみてください。

不用品回収業者に問い合わせたことがある方はわかるのですが、タンス1棹で数千円もかかります。中には学習机1台で数万円なんて業者もいました。

便利屋さんによって作業料金は違いますが、札幌だと粗大ゴミのシールはかかっても900円程度です。これに便利屋の作業料金を足して、不用品回収業者と比較してみて下さい。そもそもが不用品回収業者はほとんどが違法営業ですけど。

ちなみに当社の場合だとタンス1棹でも3棹でもお伺いする基本料金が2500円と、作業料金が1時間当たり3000~3500円(作業内容によります。)なので、1棹なら不用品回収業者に負けるかもしれないですが、一気にたくさん出す場合は若干安くなると思います。1時間以内で出せる分はこの料金から変わりません。

残置物処分の代行も出来ます!

今回は作業料金のみで処分代行はありませんでしたが、もちろん処分の代行もお引き受けいたします。時間が無く片付けが出来ない方、引越し先からの距離が遠く片付けに戻るのが大変な方、管理会社さんや不動産屋さんでもお気軽にお問い合わせください。

家屋の解体に伴う残置物処分の場合は木製家具や金属製品を置いて行って良いという解体屋さんもいるようですが本来はそれもNGです。いつも言っている通り一般家庭から出るごみは産業廃棄物にはなりません。あくまでも一般廃棄物として処理しなければなりません。大手の解体屋は宅内のものは全て搬出するようにしっかりお願いしているはずです。

コンプライアンスが厳しいので大手はしっかりしています。見積りの時に怪しいと思ったら相見積もりを取ってみた方が良いです。

信頼できる業者をお選びください。その中の1社になれるようにこれからも頑張ります!

 

 

お片付け代行やお部屋丸ごとの処分代行、消臭は当社へお問い合わせください!
遺品整理、生前整理も!
お客様に安心と安全なサービスを提供する
便利屋Departure
フリーダイヤル 0120-910-315