中央区で孤独死のお部屋の片付け

2019.05.03

無事函館から戻り令和2日目は孤独死のお部屋の片付けです。

部屋の片付け

いつもほぼ同じ内容になってしまうのでさらっと流します。

今回は見積り時からお荷物がそんなに多くなく、ご兄妹の皆様がその中からさらに引越し屋に頼んで自分の家に送ると言っていたので作業は午前中で終わるくらいでした。

故人が元々札幌の出身ではなかったようで親族の方も他県からいらしていました。見積り依頼がGW前だったこともあり、作業がGW中になってしまいました。

お客様は故人の車を持って帰るのにGWはフェリーの予約が取れなく連休明けまで帰れないらしいです。

作業後のお部屋の画像はこんな感じです。

片付け後の画像って本当に変わり映えしないですよね。

一時多量ゴミの収集

ということで今回はゴミの収集について少し詳しく書きます。

ご家庭のゴミは一般廃棄物収集運搬許可を持っていないと運搬(車両に積んで運ぶ)が出来ないことは常々言っていますね。札幌市の場合は札幌市環境事業公社です。

我々片付け業者が処分の代行をする時はゴミステーションには出せません。というのは一応目安として一回の収集に対して400リットル(40リットル×10袋)以上出さないように札幌市のHPにも書いています。それを超える場合は『家庭の一時多量ゴミ』の扱いとして許可業者に依頼するよう書いてあります。

その許可業者が札幌市環境事業公社さんです、札幌市ではここだけです。

札幌市の場合ですがお客様がご自身で処分場(清掃工場)へ持ち込む場合は重さで料金がかかります。何度も言うようにご家庭のゴミは許可業者じゃないと運搬出来ないので我々は出来ません。持ち込みはご自身でお願いします。

対して一時多量ゴミは体積で料金がかかります。5,800円/㎥(税別)です。

このようにまとめておいて実測してもらいます。

見づらいですがメジャーで高さを計っています。縦×横×高さをしっかりと計ります。

リサイクルショップに家具を引き取ってもらったので今回は本当にゴミはこれだけです。

搬出した荷物の量が一緒でもこの積み方が下手な業者だと料金が高くなってしまいます。これが腕の見せ所で、見積り時にはこれを予測して料金を出すんです。

実測してもらいサインをしてからパッカー車へ入れていきます。

これで作業が終了します。ちなみにお部屋から荷物を出してしまえば後はお客様の立会いはいりません。我々が最後まで責任を持って立会い致します。

引越しや遺品整理、生前整理だけでなく整理整頓に伴う不用品処分でも流れは同じです。片付けに関する相談は安心安全の便利屋Departureへお問い合わせください。

 

お片付け代行やお部屋丸ごとの処分代行、消臭は当社へお問い合わせください!
お部屋の清掃も!
お客様に安心と安全なサービスを提供する
便利屋Departure
フリーダイヤル 0120-910-315