札幌市南区で引越しに伴う不用品処分をご依頼頂きました

2020.07.29

Departureの堂守です。昨日お客様宅へ向かう移動の際に気になったのですが外を歩いている人でマスクをしていない人が増えてきたのではないのでしょうか。北海道では東京や大阪程の新規感染者が出ていないので安心している方が多いんでしょうかね。私的には札幌は大都市のPCR検査の数と比べると少ないと思うのでまだまだ油断出来ないと思っております。

  • 引越しと不用品処分

今回は一丁先への引越しとそれに伴う不用品処分の代行をしてきました。弊社は引越しを出来る車両を持っていないので今回は提携業者との共同作業です。引越しは提携業者の車両に積み込み弊社で作業を手伝い、不用品処分は引越し業者に手伝ってもらいました。お互いに人件費を削減することで別々に頼むより安く出来ます!

軽トラックでの場合は簡単に資格が取れるのですが、軽トラックより大きい車両での貨物の運搬の資格は簡単には取れません。便利屋さんが軽トラック以外で引越しの資格を持っているとしたらかなりレアですね。
弊社は零細企業なので業者と提携することを選びました、その分引越し用の器材を用意しなくても済みます。経費をかければそれを回収しなければならない分単価も上がりますしね。弊社にとってもお客様にとってもその方が良いという判断です。

引越しの画像はありません撮るのを忘れました。

便利屋Departureで引越しに伴う不用品処分をご依頼頂く場合はお客様に必ず提案するのですが、

引越しと処分は別の日の方が良いです!

何度もブログに書いていますが札幌市では一般廃棄物収集運搬の資格は札幌市環境事業公社しか持っていません。皆さんが普段から目にしているゴミ収集車です。一旦収集車に入れてしまうと二度と取り戻すことが出来ないんです。
同日に引越しと処分を行うと、「あっ、引越しの段ボールに入れ忘れてた!」と気づいた時には手遅れです。出来れば引越しをしてから一週間位して処分するのがベストだと思います!

同時に作業をすると引越しの荷物を間違って処分なんてこともあり得ます!作業員全員に指示が伝わっていないことも!

引越しに伴う処分がある場合は先にも書いた通り先に引越し、一週間位経過して忘れ物がない事を確認してから引越し元に残っている物を全て処分するやり方が間違い無いと思います。

今回は同日作業でしたので先に引越しの荷物は全部トラックに積み込み、お客様に忘れ物が無いか確認していただき残ったものを全て処分するというやり方にしました。

(今回のパッカー車の画像です。)

しっかりと札幌市のゴミ収集車を依頼している片付け屋さんであれば思い出の品物や貴重品を引越しの荷物に入れ忘れると二度と帰ってきません。思い出はお金では買えません。業者さんがどれだけ良い保険に入っていても思い出は帰ってきません。気をつけましょう!

弊社では今回の様に引越しに伴う不用品の処分、遺品整理、ゴミ屋敷、汚部屋清掃等片付け作業のお問い合わせを待っています。

お片付け代行やお部屋丸ごとの処分代行、消臭は当社へお問い合わせください!
お部屋の清掃も!
お客様に安心と安全なサービスを提供する
便利屋Departure
フリーダイヤル 0120-910-315